メニュー

これからの子供たち ~教育大改革~ - ECCジュニア膝折町1丁目教室|朝霞市のこども英会話教室

  • phone b 2018
  • 無料体験・お問い合わせ

※レッスン中は留守電のため、こちらより折り返しいたします。

ブログBLOG

これからの子供たち ~教育大改革~

カテゴリ: 雑記 公開日:2018年01月27日(土)

”コミュニケーション能力がついたら・・・”

 

そう願って入学する生徒さんがとても増えています。

 

ママさんたちが感じている通り

 

日本にず~っといても

日本人とだけ接していればいい時代

ではなくなっていきます

 

それも急速に。

 

政府もね、

本腰を入れて

教育大改革をするので

 

英語に関しては

「話せなきゃ、何にもならん!」

ってなっていきます。

 

英検はすでに

そのように変わり

 

政府指針も 社会の急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は我が国にとって極めて重要な問題。(「グローバル化に対応した英語教育改革の5つの提言」より)

 

と明記し、確かにその道に沿って、色んな改革が前倒しで進んでます。

 

 

 

でね、今までは

英語は英語、

算数は算数、

理科は理科、

社会は社会。

 

みたいに別々に学んでいればよかったのが、大きく変わります。

 

歴史や文化などの教養のもと、

思考力・判断力・表現力が求められ

 

積極的にコミュニケーションが取れるような素地を作っていくようになります。

 

要は多岐にわたる教養が本気で求めらるってことです。

 

(本来の学習の姿ですよね。)

 

 

英語の入試テストで

 

環境問題について英語で述べなさい。なんて言われたり

 

○○についてあなたは賛成ですか?反対ですか?その意見も述べなさい。

 

なんて、当たり前に聞かれていきます

(あ、これ、中高生で聞かれるんですよ~!)

 

そして、自分の言葉でどれだけ述べられるか?

 

ここが大事だから、

当然、ここを見られる、と言うわけです。

 

 

でもこれ、ECCではもともと

いろ~んな知識を英語で学んでるので

当たり前にやってきたことだったりします。

 

 

多くの人が誤解していますが、のEは

”English”のEではありません。

 

 “Education(教育)”のEです!